突破口をみつけた

ボクらでリリースするサービスの広告方法にボクは一番悩んでいた。

広告というのは本来莫大な費用をかけてするもの。
短期的に広告費を回収できることはほぼほぼない
※SNSなどでバズり二次広告効果があれば話は別。
なので適当にお試し感覚で広告うって倒産なんてよくある話。

資金力のある企業はいいけどボクらみたいな弱小だと使うメディアも限られてくる。
そこでなるべく費用対効果の高い媒体をチョイスするのが明暗をわける。

ってことでずーっと。ほんとにずーっと悩んでたけど。
先日、メディアハーツ(現ファビュラス)の青汁王子がSNSでやった100万円広告みて色々思った。
彼は1.8億の広告費用としてきっと考えたんだろうけど、リターンは遥かに1.8億を超えた。

何が一番のリターンかって認知度とかよりも彼に対する認知が高まったことからこれまで
《ただの脱税犯》っていう印象から《国にはめられた悪意のない人》※真相は不明
に変えれたこと。
これなら次なにやるにしても動きやすいしね。ほんと天才。

その時の僕のInstagramのフォローワーは129人いたんだけど彼関連の投稿していた人数がボクがカウントしただけで
38人。
実に25%くらいかな。

だからボクらは少しマネすることにした。。。。
勿論、アニマル王子のポケットマネーでね。

おすすめの記事