投資初心者は老後にFXで資産形成をしてはいけない理由を3つ解説!

こんにちは、今回は

「FX初心者or未経験者が老後に絶対にFXに手を出さない方が良い理由」

について解説していきます。

とは言え、FXとは知識と経験さえあれば自宅から一歩も出ることなく金銭を稼ぐことが可能で、その利益も通常の働き方では到底成し遂げるこのできない程で魅力のある投機の一種になります。

しかし、何故その様に素晴らしいFXが老後の資産形成として選択してはいけないのでしょう。

老後にFXを始める危険性

老後の資産形成としてFXが危険なその理由を3つ解説致します。

資金が減る可能性もある

最初に結論を出すとするならばFXは一般的な仕事ではありません。

世間一般的に言う仕事とは、時間との引き換えに賃金を受け取ります。

つまり、資産は増えるが、減ることがありません。それはそうですよね。働いている最中に資産が減っていってしまっていたら意味がわかりませんから。

しかし、FXとは大きく稼ぐことができる一方、お金を稼ぐためにそれ以上の損失を被る可能性があります。

一般的な仕事
資産が増える一方で減ることはない。
FX
大きく短期間で稼ぐことも可能だがそれ以上に失うお金のほうが大きい可能性もある
つまり、老後の資産形成のためにFXを始めてみたはいいものの、トレードに負けるばかりで逆に資産が減ってしまったという事態も考えられるため老後にFXをオススメしない理由の1つになります。

老後資金に対するリスクとリターンの比重

始めにこのグラフをご覧ください。

こちらは「FXを始めてから引退するまで総計で利益になった人か損になった人の割合」であり、とある調査サイトの統計データになります。
【青色が-のトレーダー、赤色が+のトレーダー】

ご覧の通り、FXトレーダーの約90%が勝つことなく相場の世界から引退しております。

この結果をみて「自分なら必ずその1割に組み込める!」と自信をもっていたトレーダーでさえも残念ながらこの損失の90%含まれているでしょう。

こうした結果の中。資金を失う確率が高い中でFXに参加して間もないトレーダーが安定的利益を出していくのは現実的に考えてとても厳しいと判断できます。

深夜のトレードによる身体的負担

FXと株式の投資は何が違うんですか?という質問をよく目にします。

違いは沢山ありますが大きな違いとして

株式(日経225)は午前9時~3時の間のみの取引(トレード)になります。

FXは月曜日(朝6時)から土曜日(朝6時)までトレードすることができます。

こちらについては別途この記事にて解説しているのでご一緒にどうぞ。

つまりFXは平日であれば深夜帯も刻一刻とレートは変動している為、利益を出すチャンスがあるということです。

実際にも為替レートが大きく動く時間帯はPM11時~と言われており(ニューヨークのマーケット参加者)その時間帯にトレードする人が多くみられます。

その為、深夜帯の方が利益出しやすいというのも事実ですが

見方を変えてみると、深夜にトレードをし体調を崩してしまう可能性も考えられます。

そんな人にオススメなFX運用方法

そこで身体的、心理的に負担を軽減するためにアイネット証券のループイフダンがオススメです。
アイネットFX

ループイフダンとは
FXには自らの操作でポジションを売買する裁量トレード

ポジションの売買まで全自動で行うことのできる自動売買トレード
という2種類に分けられます。一般的には裁量トレードを扱っているFX会社が大多数を占めますが
中には日中忙しくてFXが出来ない人向けに自動で売買を行ってくれるFX会社も存在します。それがアイネット証券のループイフダンです。
近頃はテレビCMでも取り上げられており身近なものになってきました。設定は極シンプルで売買する通貨を決め決済のタイミングを決定したらあとはほったらかしで運用開始することができます。

 

おすすめの記事