FXで初心者がやってしまうミス!これさえ気を付ければ大負けを防げる

こんにちは、FXを最近始めてみたけれども〇〇のせいで…や何故かいつもエントリーした瞬間に相場が逆にいってしまう…

など、FXを始めた当初は全てのトレーダーが思う事です。

そこで今回はFX初心者がよくやってしまいがちなミスを解説致します。

逆指値をいれない成行注文

これが一番やってしまうミスです。

なぜこのようなミスを犯してしまうのか。

注文方法が複雑でイマイチ理解できない
利益になったら決済すればいいと楽観的に考えてしまう
といった様な理由が挙げられます。
確かにFXの注文方法は幾つかありどれもFXを始めた当初の人には馴染みにくいものではあります。
ではなぜ成行注文で逆指値を置かないでトレードすることが危険なのかと言いますと

FXにおいて相場は急変動する為です。

結果、ポジションは保持しているものの目を離した隙に凄い勢いで損失は膨らみつつあるものの逆指値の損切が設定されていない為、再起不能な損失を被る可能性があります。

トレードをする時は同時に指値と逆指値を入れるように心がけましょう。

余計なトレード

これは私も過去に陥っていたよくあるやりがちなミスです。

決してFXを含め投資の世界では一日に沢山の量のトレードをしたからといって大きな利益になるわけではありません。

トレーダーの心理として負けを巻き返そうと、エントリータイミングでない相場にも関わらずにエントリーしてしまいます。

その為負が負を呼び損失は膨らんでいく一方です。

一回、予想出来ない負けトレードをしてしまった時には一度相場から離れ冷静になってみるのも上手なトレーダへの第一歩となります。

取引の度にスプレッド発生!

その他にもポジションを取引する度にスプレッドが発生します。

仮にドル円の場合は0.3pips程のスプレッドが発生し、1万通貨取引の場合は300円が取引コストとして発生します。
無駄に回数を重ねるトレードの場合は取引の度に3pipsのコストを払うわけになるのでその分だけ損することになります。

証拠金に合わない無理なトレード

FXという金融投資は大きく稼ぐことが出来るのが一番の魅力です

しかし、その欲が前に出すぎてしまい自分の資金に見合わないトレードをしてしまいがちです。

つまりハイレバレッジ取引になります。

ハイレバレッジでトレードした場合はたしかに予想通りに相場が動いた場合は大きな利益になりますが、予想とは逆に動いた場合は大きな損失になります。

またハイレバで取引をしている為、含み損と証拠金の割合が近くなってしまい口座維持率が100%付近になってしまいます。

もし何かの拍子で大きな変動があった時に貴方の資金は0になってしまう可能性だってあります。

その為トレードにまだ慣れていない間は小さいロットで10回連続で負けても再起できるような位の金額でトレードをすることをオススメします。

何故ならFXもそうですが数を重ねた分だけ上達するのは確かで、大きく負けトレードに参加できなくなってしまうというのはこれからの上達に直接響きます。

初心者はこうやってFXをしよう!

1通貨単位のFXがオススメ!

まずは取引になれることが大切です。

その為、一回の勝負で大きな通貨で取引し再起不能な損失を被っては元も子もありません。

そこで1通貨単位で取引して感覚を掴み慣れてきたら1万通貨などでトレードしてみましょう。

1通貨で10pipsの獲得では10円にもなりませんが1万通貨の場合は1万円の利益になります。

金額は違ってもpipsには変わりありません。1通貨で勝てるようになれば1万通貨の取引も同じです。

しかし国内で1通貨でトレードできるFX会社は限られています。

現在ですとSBIFXトレードといった会社が一番評判も良く初心者に優しい会社です。

 

おすすめの記事