国内FXと海外FX会社の違い!レバレッチや保証制度まで徹底的に解説!

「海外のFXってどうなの?」
「海外会社のMT4 ってどうなの?」
「海外のFXはあまりいい評判聞かないし…」

と不安の声をよく耳にすることがあります。

そこで今回は海外FX会社について詳しく記事にしていこうと思います。

前回はMT4 対応の国内FX会社について詳しく記事に書いたので国内のFX会社でMT4 を使ってみたい方は下記の記事を参考にお願いします。

そこでまずは海外のFX会社と国内のFX会社は一体何が違うのか?それらから順に解説していきたいと思います。

国内FX会社と海外FX会社の違い

・レバレッチの違い
・NDD方式とDD方式の違い
・税金関係の違い
・保証の違い

大きくわけると上記の4点が海外と国内の違いということになります。

レバレッチの違い

国内FX会社
最大レバレッジ25倍海外FX会社
最大で数千倍
メジャーなもので888倍
海外FXの方が圧倒的にレバレッチをかけることができます、
レバレッチを大きくかけることで少ない資金で大きく利益を出すことが可能になります。
例を出すならば1万円を888万円として扱ってトレードすることが可能になるのです。
自信のある相場の時などにはメリットとして働くでしょう。
ハイレバをしてFXをしたい人には海外FXが向いていると言えます。

保証制度の有無

国内FX
法令により投資信託が保証。
(サイバーテロなどにより口座に預けいれていた資金が盗まれたなど)海外FX
そのFX会社によって異なる
最近ではどこもしっかりサポートしているようだが日本と比べるとやや劣る。
では海外FX会社でFXを行うのはとても危険じゃないか。とうことになるのか?
海外FXの中では評判の高いXMなどはセキュリティー面もしっかり整備されておりその様な心配は無用でしょう。

取引方法,NDD方式とDD方式の違い

国内FX
その口座開設しているFX会社が用意した疑似チャートで取引することになる。
つまりは実際のチャート画面ではない。要するにチャートとユーザーが仲介されているということになる
(しかし実際の値動きに限りなく近いため気にするほどでもない)海外FX
直接チャートで取引する。
どちらが良いとは一概に言えませんが、知識として覚えておくぶんにはいいでしょう。

海外FX,NDD方式

海外では最もメジャーな取引形式になります。

海外FX会社と国内FXの違いはどこでビジネスをしているかになります。

国内のFX会社では取引手数料のかからないものの、スプレッドが大きくかかります。

しかし海外FX会社の場合は売買手数料を収益としています。

その為、ユーザーには沢山取引をしてもらったほうが利益になるというわけです。

レートの透明性も向上し安心して取引することが可能です。

つまり自分の買いたいレート、売りたいレートですぐに取引することができるのが海外FX会社の強みでしょう。

国内FX会社,DD方式

国内FX会社の多くはインターバンクと筆者含め多くのトレーダーとの仲介をします、

例えば筆者がドル円の買いを注文したとしましょう。

そこで私の注文は直接インターバンクに届くことはなく、一度口座開設しているFX会社を経由してかた約定されます。

言い換えるとトレーダーが勝つことでFX会社は損になります。

その為、国内の多くのFX会社は

自動売買や高速取引を規約として禁止にしていることが多いのも違いの1つです。

税金関連の違い

国内FX
利益金額に関わらず一律海外FX
利益に応じて累進課税制度
国内FXと海外FXとでは課せられる税率に違いがあります。
国内FX=一律【20.315%】
海外FX=15%~最大55%
この場合300万円ほどの利益の場合は海外でFXをしたほうが税金的にはお得になります。
もしも億トレーダーになると言うのであれば国内でFXをやった方がお得ということです。
下記の表は海外でFXをした際に発生する税金です。

海外FXをするならXM一択

新規で口座を開設するだけで3000円分のクレジットが貰えます

つまりその3000円でトレードを開始することができます。少額ではありますが海外のFX口座を肌で感じるという意味でも私たちユーザーにとってはプラスな特典です。

XMについては上記の記事を参考にお願いいたします(^^♪

結局どちらがいいのか?

国内FXのメリット
基本的に日本語なので扱いやすい
サポートの際に海外と比較すると安心できる
スプレッドが明確
海外FXのメリット
ハイレバレッチで取引できる
MT4 が使える
約定が早い
対応通貨ペア数が国内と比にならないほど多い
追証がない(予想とは逆に相場が進行しても口座の資産がマイナスになることはない)
おすすめの記事