初心者オススメ!仮想通貨FXとは?大学生でも出来る取引所や特徴を簡単解説!

今回は普通のFXと仮想通貨FXの違いや特徴について書いた記事になります。

ここで言う普通のFXとはドルやユーロや円といった各国の通貨ペア間の変動比でお金を稼ぐことを指します。

仮想通貨FXとは今流行りのビットコインやイーサリアムといった仮想通貨と現金(ドルや円)の組み合わせで取引することです。

しかし、FXというとまだまだ上記の方がイメージが強いのが現状で仮想通貨FXはあまり浸透していません。

そこで今回は仮想通貨FXとは?や特徴を簡単に解説していきます。

仮想通貨FXとは

通常のFX通り高レバレッジをかけてFX取引ができます。

日本円をつかってトレードする従来のFXとは異なりビットコイン(アルトコイン)を使ってトレードすることも可能です。

本来であれば仮想通貨のイメージは現物で購入し高値になったら売り抜けて利益を得るといった、現物保管がメインでしたが、そうする場合1ビットコインを保有するのには数十万円が必要になります。

そこで、FXの様に証拠金を元手にレバレッジをかけ高額な仮想通貨を売買できるようにと仮想通貨FXは流行っていきました。

レバレッジをかけることができるため少額からでも取引に参加できる!

仮想通貨FXのメリット
従来の現物保管で取引する場合は利益を得るのには価値が高騰する必要がありましたが
ショート(空売り)エントリーをすることが仮想通貨FXでは可能なので仮想通貨の価値が下がると判断すればショートでエントリーし利益を得ることが可能になった。

仮想通貨FXと現物取引の違い

空売りでも利益を得られる

上記で解説した様に空売りでも利益が得られることが従来の現物保管と比べると大きなメリットになります。

従来のFXのようにテクニカル分析を使うことも取引所によっては可能であり、ロングとショートどちらでもエントリーすることができます。

証拠金が少額

今までは1コインを購入するにはそのコインの1枚あたりの価格で購入する必要がありました。

ビットコインやイーサリアムといった高額な仮想通貨を購入する場合は大きな元手が必要な為、参入しずらい印象でしたが仮想通貨FXでは元手の最大4倍までの取引が行えます。

つまりイーサリアムが15000円である場合は4000円弱の元手があれば、取引に参加できることになります。

このようにレバレッジを設定し取引に参加できるようになったことで、少ない資金でも仮想通貨で利益を得るチャンスができました。

仮想通貨ができるオススメ取引所

DMM ビットコイン


DMMビットコインの特徴

取引できる仮想通貨は豊富な7種類!現物2種類、レバレッジ7種類

 現物取引
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
 レバレッジ取引
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ネム(XEM)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
イーサクラシック(ETC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
豊富な注文方法を搭載!
ストリーミング、指値・逆指値、OCO、IFD、IFOといったFXでお馴染みの注文方法が可能!
外出先やチャートを確認できない時でも安心して取引することができる。
24時間体制のセキュリティー
仮想通貨を扱うので一番心配なセキュリティー。
昨年は大量の仮想通貨が盗まれるなど不安の声が大きかったがこのDMMビットコインではそれらの評判は一切ありません。
流石日本最大の会社といったところです。
今なら無料で口座を開設するだけで1000円プレゼントキャンペーン中です!

GMOコイン


GMOコインの特徴

強固なセキュリティー
GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われたセキュリティ体制で資産(仮想通貨)を死守することができます。

最大10倍のレバレッジ

ビットコインので取引する場合は10倍
アルトコインで取引する場合は5倍までのレバレッジを設定することが可能です。

つまりビットコイン(現在価格1コイン400000円)を取引するのに最低証拠金の4万円が用意できればビットコインの取引に参加できます。

今までの現物取引では大きな資金が必要でしたが仮想通貨FXの登場したおかげで少ない資金でも取引することが可能になりました。

今が始め時!自分にあったスタイルで! 

仮想通貨FXの最大の魅力は手元のお金よりも大きな金額で取引ができ大きな利益を得られることです。
しかし、同じように大きな損失を抱える可能性も秘めています。
初めのうちは余剰資金で行いましょう。
初めから大きく勝つ必要はありません。
是非自分にあった取引所を見つけ自分のトレードスタイルを確率することが勝利への近道になります。

おすすめの記事